高い技術力とシステム

品川美容外科をご存知でしょうか。品川美容外科は創業27年を誇る業界の老舗ともいえる存在で、これまでの信頼と実績から多くの方に愛され続けてきた美容外科です。しかし、2014年には、顔のたるみを改善するフェイスリフト手術を受けた方達から効果が無く後遺症にも悩まされているという訴えがあり、裁判に発展するという事象が発生しています。訴えの内容として、事前に合併症などのリスクについて充分な説明がなされていなかったことなどが大きく取り上げられていました。 ここで注意したいのは、裁判という言葉のインパクトにとらわれ過ぎて、品川美容外科の本来持つ高い技術やシステムを全て否定してしまうことです。報道されるイメージのみを信頼せず、自分なりの基準で品川美容外科を見極める必要があるのです。

インターネットなどで検索すると、裁判を起こす人がいる一方で、実際に利用した方からは高い評価を得ていることがすぐにわかります。とくに裁判の争点ともなっている事前説明については、「これでもかと思うほど何度も説明してくれた」「自分がこれまで長年抱えてきた悩みや、なぜこの手術を受けたいのかという思いも一緒に受け止め真剣に考えてくれた」など、品川美容外科の事前カウンセリングに高い信頼を寄せている意見が数多く見受けられます。また、アフターフォローに関しても「術後の過ごし方やケアの方法を教えてくれただけでなく、精神的な不安についても真摯に受け止めてくれた」など、その丁寧な対応に感謝しているという方も多くいらっしゃいます。